みずほ銀行

みずほ銀行

みずほ銀行は初めてポイント制を導入するなど先進的な活動の多い銀行です。
また、銀行コードが「0001」で始まるので、歴史ある銀行であるといえます。

基本情報

・銀行コード
0001
・資本金
1兆4,040億円(2014年3月31日現在)
・店舗数
527店
・前身行
富士銀行
第一勧業銀行
日本興業銀行

みずほ銀行の設立の歴史

2002年にみずほホールディングスの傘下の第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行の分割・合併によって、みずほコーポレート銀行とみずほ銀行が誕生しました。
みずほホールディングスは、みずほフィナンシャルグループへと再々編され、2行はその傘下に入ります。名称の「みずほ」は「みずみずしい稲の穂」で、日本を代表する銀行を目指すとのことでこの商号とされました。

みずほスマイレージクラブ

みずほ銀行で特徴的なのは、「みずほスマイレージクラブ」です。今でこそ多くの銀行がポイント制を導入して馴染みのあるものになりましたが、日本j初の銀行のポイント制は、みずほ銀行の「みずほスマイレージクラブ」です。

みずほスマイレージクラブは入会金・年会費が無料の個人向けサービスです。
クレジットカード機能あるキャッシュカードを持つことが条件になりますが、このカードを持っていればみずほ銀行とイオン銀行のATMがいつでも無料で使え、他の銀行への振り替えも最大4回まで無料になります。クレジットカード機能のあるものは18歳以上(高校生を除く)でないと利用できませんが、クレジットカード機能のないものが利用できます。

ネットバンクの特徴

みずほ銀行のネットバンクは「みずほダイレクト」という名前です。24時間いつでも利用可能、スマートフォンのアプリやパソコンがあればどこでも取引ができ、振り込み手数料がかなりお得など、ネットバンクのスタンダートなかたちであるといえます。

みずほダイレクトの最大の特徴は、みずほ銀行が業務委託している宝くじが購入できることです。宝くじラッキーラインやみずほダイレクトの申し込みが必要になりますが、ジャンボ宝くじをはじめとする多くの宝くじを購入することができます。代金は口座から引き落としされ、手数料もかからず、当選した場合は自動的に口座に振り込まれるので、当たりを見逃すこともありません。宝くじをよく購入する人や、宝くじ売り場に行くのが面倒な人はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

みずほプレミアムクラブ

みずほ銀行の富裕層向けのサービスとして、「みずほプレミアムクラブ」があります。1000万円以上の預金が預け入れがある場合に勧められるサービスで、支店の会員限定の相談室で資産運用についての相談ができたり、ATMや振り込みの手数料が優遇されたり、レストラン、ホテル、ゴルフ場などの予約を専任のコンシェルジュが行ってくれたりと、非常に多くのサービスを受けることができます。
預金をたくさん預けてメガバンクだからこそできるサービスを受けましょう。

おわりに

みずほ銀行は不祥事が何度かありましたが、最近は問題なく利用でき、メガバンクのひとつとして信頼の篤い銀行です。ATMの数もかなりあるので、ぜひ利用しましょう。

参考サイト

みずほ銀行

The following two tabs change content below.
ネットバンク・ベーシック

ネットバンク・ベーシック

ネットバンク・ベーシックはネット銀行の基本的な使い方をマスターして、これからの新しい銀行の使い方を身につけてもらうためのサイトです。